エンジニアが副業を土日だけで行う方法【おすすめサイトも紹介】

平日の業務時間外や土日を使って、副業したい人向けの記事です。

リモートワークで、通勤時間や残業が減り、時間に余裕ができた人もいると思います。
時間があっても外に出られないし、副業でも始めてみようと考えているエンジニアが増えているようです。

副業をすれば、新しい環境で働くことができるし、もちろん収入も増えます。
今回は、効率よく副業案件を獲得する方法や、副業探しにおすすめのサイトを紹介していきます。

目次

エンジニアが土日で副業をしている割合は10%ほど!

あなたの周りに副業をしているエンジニアはいますか?
いたとしても周りに言わないので、ほとんどの人が「副業をしている人は見たことがない」のでしょう。

実は、Web開発の副業をしているエンジニアは10%くらいだそうです。

エンジニアの副業経験率は40%

参考:https://www.tech-street.jp/entry/research-sidejob

上の図をご覧ください。
エンジニアで副業経験者は40%くらいいます。
40%という数字、ぼくは高いと思ったのですが、実は副業している人の半数が、「投資」をしているだけなんですね。

デイトレードをしているとは思えないので、おそらくインデックス投資だと思われます。
インデックス投資は、毎月一定額を積み立てるだけなので、副業というより、貯金に近い感覚です。

投資をしている人を除くと、副業をしているエンジニアの割合はもっと少なくなります。

Web開発系の副業をしているエンジニアは10%

参考:https://www.tech-street.jp/entry/research-sidejob

上の図を見ると、24%がWeb開発の副業をしているようです。
副業しているエンジニアが40%で、そのうち24%がWeb開発をしているので、全体に対する割合は10%くらいです。
10人に1人が、Web開発の副業をしていることになります。

個人的にはこの数字、まだまだ低いと思います。
副業をしたいエンジニアは、ライバルが少ないとも言えます。これから副業が流行る前に、いち早く副業を始めてしまいましょう。

エンジニアが副業を土日にやるべき理由

自分のスキルに自信がないエンジニアにこそ、副業をおすすめします。

①スキルアップができる

スキルがある人が副業をするのではなく、スキルアップのために副業をします。
もちろん、最低限のスキルは必要ですが、しっかりとアピールすれば案件獲得は難しくないです。

場数を踏むことでスキルアップするので、本業は続けつつ、新しい環境に身を置いてみましょう。

②単価が高い

エンジニアが土日にやる副業案件は、単価が高いです。

一般的なアルバイトだと時給1000円くらい、他業種のコンサルなんかだと時給3000円くらいです。
一方、エンジニアの副業は時給4000円〜5000円くらいもらうことができます。

スキルがあったり、コンサルもできるなら時給単価1万円以上も狙うことができますよ。

③リモート案件が多い

2020年以降、リモート案件が非常に多くなりました。

東京の通勤電車は未だに人が多いようですが、IT業界はリモートに移行している会社がほとんどです。

逆に、「リモートではない=古い技術や文化の会社」だとフィルターをかけることもできるので、積極的にリモート案件を狙っていきましょう。

エンジニアが副業をする目的

エンジニアが副業をする目的は、以下の3つに分けられるでしょう。

①転職するための副業

副業で参加した企業にそのまま転職する目的で始める人もいます。

企業と個人のミスマッチを防ぐことができ、非常に効率的な転職方法だと思います。

転職活動というと、業務時間外に面接したり忙しいのですが、副業ならお金がもらえて、リモートで働けるので、いいことづくめです。

②お金を稼ぐための副業

副業案件は単価が高いので、お金稼ぎにもなります。

副業で稼ぐ収入は税金を支払う前のお金なので、経費をうまく使うと、支払う税金をゼロにして、パソコンや書籍などを購入することができるようになります。

自腹で勉強している会社員エンジニアには、大きなメリットがあるでしょう。

③スキルアップのための副業

副業なら、開発のレベルについていけなくても、契約を切られるだけです。

新しい領域にチャレンジしても、全くリスクがありません。

成果を出せば、継続して案件を受けられるし、成果が出せなければ契約を切られるので次を探すだけです。

本業をクビになるのは大変なことですが、副業で契約を切られるのはよくあることです。

エンジニアが副業を始める方法

具体的に、エンジニアが副業を始めるための動き出しについて解説します。

副業専門サイトから探す

エンジニア向けの副業専門サイトがあります。

そこから、気になる案件を探したり、スカウトを受けたりして案件を探していくのが最も確実で簡単です。

副業したいプログラマにおすすめの副業サイト【利用経験あり】

フリーランスエージェントで探す

フリーランスエージェントの中には、週2日〜3日くらいの案件を持っているところもあります。

基本的にはフリーランス向けですが、副業を目指す会社員でも、案件を紹介してもらえるでしょう。

SNSで探す

TwitterなどのSNSで、副業を募集している場合があります。

「#副業募集」などで検索してみてください。

募集しているアカウントが信頼できるかどうかは注意しておきましょう。

エンジニア副業におすすめの副業サイト

おすすめの副業サイトを紹介します。

エージェントサービスではないので、登録してもエージェントから連絡が来ることはないですし、無料で使えるので、気軽に登録してみてください。

シューマツワーカー

シューマツワーカーは、週10時間から副業ができる案件を取り扱うサイトです。

副業案件に特化しているので、副業の契約方法がわからない人でも、サポートしてもらうことができます。

扱っている案件の時給は、3000円〜5000円が多いです。

デザインやマーケティングの案件もあるので、新分野への挑戦も可能です。

Workship

Workshipは、フリーランス向けの案件サイトですが、「副業OK」や「週1日」で検索できるので、副業案件も扱っています。

スタートアップ企業が多く、時給は2000円〜5000円がボリュームゾーンです。

アナザーワークス

アナザーワークスは、IT系以外の職種の募集もたくさんある副業サイトです。

歴の長い企業が多く、インフラエンジニアの募集もあります。

時給は、1500円〜5000円ほどです。

エンジニアで1500円はかなり安いのですが、未経験の人ならインターンのつもりで受けてみても良いのではないでしょうか。

エンジニア副業におすすめのフリーランスエージェント

エージェントに案件を提案してもらいたい人は、副業案件のあるフリーランスエージェントを使ってみましょう。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは、週2日〜3日の案件を扱う、フリーランスエージェントです。

ぼくも相談しに行ったことがあります。小さな事務所でしたが、担当の方は親身になって聞いてくれたので、良い印象があります。

フリーランスエンジニアとしてフルタイムで働きたくなったときも、そのまま相談できるので、将来独立を考えているならおすすめのフリーランスエージェントです。

midworks(ミッドワークス)

midworksは、満足度の高いフリーランスエージェントです。大きなエージェントサービスなので、案件数が多く、週1日〜2日で検索しても、多くの案件がヒットします。

フリーランスとしてのメリットですが、収入の80%を保障してくれるなど、正社員のような働けるサービスがあります。会社員+副業だと、受けられませんが、将来フリーランスになったときに、便利なサービスです。

エンジニア副業をSNSで探す方法

エンジニアはSNSを公開したり、SNS上で繋がる機会が多いですから、SNSで仕事をもらうこともできます。

転職SNSを利用する

転職SNSは、転職サイトよりもカジュアルに企業をマッチングすることができるので、副業を受け入れてくれる企業も多く存在します。

代表的な転職SNSは以下です。

Twitterで繋がる

Twitterで他のエンジニアと繋がると、企業から副業のアプローチをもらえる可能性があります。

フォロワーさんから仕事をもらえる場合もあるので、Twitterは暇つぶしとして利用しながらも、有益なことを発信しておくと良いでしょう。

ブログで発信する

個人ブログやQiitaなどで技術的なことを発信していると、副業のオファーをもらうことができます。

個人ブログには問い合わせフォームを設置しておくなど、オファーが来ても良い準備をしておきましょう。

エンジニアが副業を始める際の注意点

会社員として本業をしているエンジニアは、副業を始めるときの注意点があります。

本業をおろそかにしない範囲で行う

副業は、スキルアップになるし、収入アップにもなりますが、本業あってこそです。

稼働時間が短い分、本業に比べて、スキルの伸びや収入はかないません。

副業を優先したいなら、本業を辞めて、フリーランスになったり転職するなどの覚悟が必要です。

安請け負いはしない

エンジニアとして、時給2000円以下だとかなり安いです。

未経験や初心者のうちは、経験のために安い案件を受けても良いかもしれませんが、自分の価値を落とさないように、適切な単価設定をしましょう。

相場がわからない場合は、フリーランスエージェントに聞いてみると良いでしょう。

税金について理解しておく

副業で得る収入は、税金が引かれていないので、自分で確定申告しなければいけません。

そのために、日々の支出を管理しておき、経費で落とすなどの節税もした方が良いでしょう。

いくら税金が支払うのか、どんな支出が経費になるのかを理解しておきましょう。

エンジニア副業の時間管理のコツ

副業は業務時間外にやるものですから、時間管理が重要になってきます。

案件を獲得しても、サボることはできてしまいますし、サボっているとすぐに契約を切られてしまいます。

時間管理の方法を決めておきましょう。

平日の朝にやる【おすすめ】

おすすめは、平日の朝にやってしまうことです。

通勤がなかったり、リモートワークで残業がなくなった人は、朝の時間に余裕があるのではないでしょうか。

後回しにすると追い込まれてしまうので、朝に終わらせてしまいましょう。

平日の夜にやる

平日は本業があるので、スケジュールが決まっています。

19時まで仕事をやって、20時から副業をするなど、毎日のルーティンが作りやすいのです。

朝がどうしても苦手な人は、平日の夜でも良いでしょう。

土日にまとめてやる

副業は土日にやるものだと考えているかもしれませんが、土日の副業は、平日で終わらなかった分を片付けるくらいにしておくと良いでしょう。

土日は、スケジュールが曖昧ですから、午前中にやると決めていても、家族との用事や美容院に行くなど、突発的な予定が入りがちです。

もし質問したいことがあったとして、土曜日に送っても、返信は月曜になることもあります。土日にやることはできるだけ少なくして、ゆっくり休んだり、勉強をしましょう。

エンジニアが副業しやすいスキル

エンジニアのスキルでも、副業がしやすいスキルと、副業しづらいスキルがあります。

RubyやPHPなどのスクリプト言語

RubyやPHPは、ベンチャー企業が採用している言語なので、副業案件が多いです。

逆に、Javaは大企業が採用している言語なので、副業が禁止なことが多く、副業に使う言語としておすすめできません。

ReactやVue.jsなどのモダンなフロント言語

Javascriptの中でも、ReactとVue.jsは副業案件が多めです。

フロントエンドのスキルは、全般的に副業におすすめです。

AWSの基礎知識

副業でインフラをやることはあまり多くないですが、AWSはインフラのコード化ができるので、副業で任せることもあります。

サーバサイドエンジニアだとしても、AWSにデプロイするなど、基礎知識は必要になるので、最低限の知識は持っておきましょう。

エンジニアが副業を行う方法まとめ

エンジニアになるために転職活動をしたことがある人なら、副業探しが簡単に感じると思います。

  • 短時間だけのお手伝いだから
  • 副業している人が少ない
  • 契約をすぐに切れる

このような理由から、副業案件を獲得できる可能性は高いです。

  • 副業から転職
  • 副業からフリーランス

といったキャリアは、リスクが低いので、キャリアプランの間に副業を入れてみることをおすすめします。

おすすめの記事