レバテックで副業が探せるサービスがありました!

レバテックで副業案件を探したい人向けの記事です。

『レバテックには転職エージェントやフリーランスエージェントがあるのは知ってるけど、副業案件ってあるのかな?』

こんな疑問を解決します。

結論から言うと、レバテックに副業案件はあります!
ただ、副業専門のサービスは無いので、転職案件やフリーランス案件に混じって探すことになります。

レバテックフリーランスやレバテックキャリアはIT業界の案件数は最大級なので、登録して使ってみるべきだと思いますが、副業だけを探すなら、他の副業サイトも合わせて使ってみましょう。

レバテックってどんな会社なの?

レバテックは、IT人材サービスの会社です。

以下のサービスを展開しています。

  • レバテックダイレクト
  • レバテックキャリア
  • レバテックエキスパート
  • レバテックフリーランス
  • レバテックルーキー
  • レバテッククリエイター
  • teratail

teratailを除いて、6つのIT人材サービスを運営しています。IT業界に携わる人ならほぼ全員利用するんじゃないでしょうか。笑
それくらいレバテックが運営しているIT人材サービスは求人数が多く、ユーザ数も多いです。

ちなみに、teratailは技術質問サイトです。
海外のstack over flowやQiitaなどと合わせて、エンジニアなら必ずお世話になるサービスです。

レバテックは副業専門サービスが無い

残念ながら、レバテックには副業専門のサービスがありません。
どのサービスもフルタイムで働くことを想定しているサービスになっています。

ぼくも数年前にレバテックキャリアとレバテックフリーランスを使ったことがありますが、週2日のような案件は無かったですし、当時はほとんどが週5日の常駐案件でした。

レバテックで提供している案件は、どれも給料や単価が高いのですが、働き方はお固めのところが多いイメージです。

新参のベンチャー企業とかを紹介してしまうと、超ブラックだったり、資金が無くて支払いできない可能性が高くなります。
そこそこ安定して利益を出している企業を紹介するので、働き方がお固めになりがちなんですね〜

もし、副業やリモートワーク、週3日みたいな働き方を目指すなら、スタートアップ企業や小さなベンチャー企業が狙い目になります。
このような副業に向いているような案件は、レバテックの人材サービスにもあります!
レバテックで副業案件を探す方法は後述します。

リモートワークがずるいと考えている人へ【リモート転職のすすめ】では、リモートワークができるようになるための転職方法について解説しています。

副業探しならレバテックダイレクト

レバテックダイレクトは、企業と求職者をつなぐ、転職サイトです。

副業専門ではないのですが、一部「副業OK」の会社があったので、レバテックのサービスで副業を探すなら、レバテックダイレクトが良いでしょう。

以下の画像のように、検索ボックスの「希望の働き方」に「リモートワーク可」や「副業可」などがあります。
これは、副業を禁止していませんよ、という意味かもしれませんが、こういう会社は副業として参加することをOKしてくれる可能性が高いです。

エージェントは付かないので、自分で応募したり、オファーをもらって採用してもらう必要があります。
自分か応募すれば、興味のある企業に絞ることができますが、オファーをもらって採用してもらう方がおすすめです。
こちらから応募すると、立場が少し弱くなってしまうので、単価交渉がしにくいからです。
オファーをもらった企業の中から、興味のあるところに強気で交渉してみましょう。

メインは転職なので、プロフィールやメッセージの最初に「副業を探している」と伝えておきましょう。

副業探しは履歴書とか志望動機よりも、経歴のアピールが重要になってくるので、プロフィールは必ず充実させましょう。
他の転職サイトや副業サイトでも同じです。

転職希望ならレバテックキャリア

転職がしたいなら、レバテックキャリア一択です。
こちらは転職エージェントなので、エージェントに相談しながら転職活動を進めることができます。

年収相場を教えてもらったり、履歴書の添削などをお願いできるので、転職が初めての人にとっては心強いです。

レバテックダイレクトにも合わせて登録しておいて、良さそうな企業を見つけたらレバテックキャリアのエージェントに聞くやり方が良いでしょう。

レバテックキャリアには副業案件は無いのですが、ベンチャー企業が数多く登録しているので、エージェントの紹介でベンチャー企業に転職した後、副業へとつなげることは可能です。

ハイクラス転職ならレバテックエキスパート

外資系企業や大手企業など、ハイクラス向けの転職ならレバテックエキスパートがおすすめです。

プログラマーよりも、プロジェクトマネジメントやコンサルタント職の求人が多めです。

おそらく副業の提案はしてもらえません。。
プロジェクトマネジメントの副業ってほとんど聞いたことがないので、あるとすれば、週3日のフリーランス案件でしょうか。

フリーランス志望ならレバテックフリーランス

フリーランスエンジニアを目指すなら、レバテックフリーランスです。
他のフリーランスエージェントに比べて、平均年収が高く、案件数も多いです。

以前は常駐案件が多かったのですが、最近はリモート案件も多く扱っているので、働きやすい会社を狙うこともできます。
副業案件は取り扱っていませんが、リモートワークならフレックスに時間を決められるので、交渉次第では副業のような形で契約を取ることができるかもしれません。

ただ、副業だと、月20万くらいの支払いになり、そこからレバテックフリーランスのエージェントにマージンを持っていかれるので、エージェント経由での副業探しはなかなか難しいですね。。

ぼくも現在レバテックフリーランスに登録しているのですが、案件探しから提案、商談までの流れが早く、LINEで気軽にやり取りできるのでおすすめです。

新卒ならレバテックルーキー

就活向けサービスのレバテックルーキー
2大就活サービスはマイナビとリクナビですが、IT業界を狙っているなら、レバテックルーキーも登録必須です。

ぼくが就活をしていた頃は、ベンチャー企業の情報がなくて、だいたいSIerに入るしか選択肢がなかったので、IT専門の就活サービスはありがたいですね。

副業案件はもちろんありません!笑
新卒募集をしているのに副業希望をしてくるのは、勇者ですね。

まずはどこかしらの企業に入社してから、副業を探しましょう。

クリエイターならレバテッククリエイター

ゲームクリエイターやデザイナーなどIT業界で働くクリエイターの転職、フリーランスなら、レバテッククリエイターがおすすめです。

デザイン案件に特化して紹介しているサービスは少ないので、デザイナーにとっては仕事が探しやすいでしょう。

こちらもエージェントなので、副業案件は少ないかもしれませんが、デザイナーの場合、稼働時間✕時給で単価を決定する準委任契約ではなく、成果物に対して報酬をもらう請負契約ができる可能性があります。

請負契約なら、成果物さえ収めれば報酬がもらえるので、時間を自由に使うことができます。
ある程度スキルがないと、何時間働いても仕事が終わらずに報酬ももらえないことになるので、注意が必要ですけどね。笑

請負契約で、複数件の契約を取ることができれば、副業をしているようなものなので、クリエイターは副業(複業)を見つけやすいです。

副業は副業専門サービスの方が探しやすい

レバテックのサービスで副業を探すなら、レバテックダイレクトかレバテッククリエイターが現実的ですが、やはり転職がメインです。
副業専門に紹介しているサイトがあるので、そっちで探す方がすぐに見つかると思います。

レバテックダイレクトにも登録はしておいて、他のサービスと平行して副業を探すのがおすすめかなと思います。

もしレバテックのサービスを使うなら、おすすめは、レバテックキャリアレバテックフリーランスです。この2つは業界大手なので、平均年収が高く、案件数が多くなっています。

副業探しはこちら→エンジニア副業のおすすめはこれ!【稼ぎやすい副業】

おすすめの記事